産婦人科の特徴や看護師の業務内容

産婦人科の特徴や、看護師の業務内容について

赤ちゃんの写真


医療機関には様々な診療科目がありますが、一定の看護師さんから人気の高い診療科目が「産婦人科」です。

看護師という職業は、患者さんの最期を看取る場面に遭遇することも少なくありません。

これとは対照的に人間の生命が誕生する瞬間に立ち会えるのが、産婦人科です。看護師さんの中には、産婦人科で働くために助産師の資格を取得している方もたくさんいらっしゃいます。

産婦人科は妊婦さんや新生児の診療を行う産科と、女性特有の病気や疾患を診療する婦人科の2つの要素があります。

ただし、卵巣腫瘍や子宮筋腫などで手術が必要な場合や、帝王切開による出産を行う場合は、外科的な要素も強いです。

また、出産後すぐに疾患が見つかるケースもあるので、小児科としての側面も併せ持っています。

産婦人科は小児科や外科の要素もあり、看護師としての幅広い知識も必要となります。スキルアップを目指す時にも、一度は経験しておきたい診療科目だと言えるでしょう。

スポンサーリンク


患者さんへの繊細な心遣いも必要な産婦人科

新しい赤ちゃんを授かる産婦人科は、明るいイメージが強いです。しかし、全ての妊婦さんが無事に出産できるわけではありません。

止むを得ず中絶を余儀なくされたり、死産してしまうケースもあります。妊婦さんが一生懸命頑張っていても、残念ながら赤ちゃんが命を落としてしまうこともあるのです。

このため産婦人科で患者さんのケアを行う看護師は、より繊細は心遣いや声かけも必要となってきます。

また婦人科の疾患は、女性にとってデリケートな問題であるケースが少なくありません。

患者さんの疾患を理解し、心情を汲み取った上で看護することが求められます。

医療機関の規模によって看護師の業務内容も異なる

産婦人科の医療機関は、入院施設が無い小規模なクリニックもあれば、入院施設を含む様々な医療設備が整った大規模な病院もあります。

働く医療機関の規模によって看護師の業務内容も異なりますし、役割分担も違ってきます。

しかしながら出産を間近に備えた妊婦さんは、いつ陣痛が始まるか分かりません。また、陣痛が始まった妊婦さんのご家族から、急に連絡が入ることも少なくないです。

このような突発的な出来事が多く起こるたけに、常にニュートラルな姿勢で仕事に取り組むことも必要です。

さらに無事に出産した後は、母子の体調や健康状態をしっかり管理しなければなりません。新生児に対する様々なケアも、看護師が行う業務の1つです。

 

看護師求人サイト 東京都ランキング TOPページに戻る


スポンサーリンク