ベテラン看護師が転職先を探す時に重視すること

ベテラン看護師が転職先を探す時に重視すること

看護師歴が10年以上のベテラン看護師が転職先を探す時、どのようなポイントを重視しているのでしょうか。

これまで何度か転職を経験していたり、1〜2つの医療機関に長く勤めていた方は、看護師としてのキャリアプランや人生設計をしっかり構築できているものです。

このため「どんなポイントを重要視しているか!?」は、転職をする時にとても参考になります。

そこで今回は、ベテラン看護師が転職先を探す時に重視しているポイントをリサーチし、その結果をまとめました。

1.年収や給料が高い

ベテラン看護師が転職する時に重要なのが、「自分の経歴やスキルをしっかりと評価してくれるか」という部分です。

今勤めている病院よりも給料や年収が上がるかどうかも、大切ですね。

シングルマザーのベテラン看護師も増えてきており、子供を育てるためにはそれなりのお金も必要になります。また親の介護問題もあり、今後の人生を考えれば、一番重要なのが「お金」になってきます。

何よりも年収や給料を重視するのが、ベテラン看護師さんの本音だと思います。

2.求人が多いかどうか

お子さんや旦那さんがいらっしゃるベテラン看護師の場合、家庭との両立も大切です。家族で出かける機会もあるので、土日祝日や年末年始が休めるかどうかを重視する方もいるようですね。

また加齢と共に疲れが溜まってしまうようになり、休日はしっかり休みたいと考えているベテラン看護師も少なくありません。

3.福利厚生が充実しているかどうか

福利厚生がどのくらい充実しているかも、転職先を探す時に重要視しています。福利厚生が充実している医療機関は、スタッフのことをしっかり考えている傾向が強いです。

働きやすいかどうかのポイントにもなるので、福利厚生の内容も大切です。

4.離職率が低いかどうか


ベテラン看護師で経験が豊富と言えど、年齢が上がるにつれて「転職の難しさ」も感じるようになってきます。

若い時であれば転職の失敗も許されるかもしれませんが、30代、40代になればそうはいきません。したがって離職率が低いかどうか、定着率が高いかどうかも重要です。

 

看護師求人サイト 東京都ランキング TOPページに戻る


スポンサーリンク